2024-05-14

放牧後の至福

やっぱウチがいいよねー!!最高です!
 
マイ・アトリエ。
 
久々にトゥーロンの仲間に会えて嬉しいよーーー!!!
制作中のレオ
散髪屋に行ったばっかりで、雑誌のモデルかってくらい美少年だな。。大好きなアトリエの同居人。
バイクを使ったインスタレーションを準備中。秋にパリで個展があるからね。

家に帰って来て何がいいかって、

すっごく些細なことなんですが、スーパーで大きめの野菜とか、複数入りのヨーグルトとか、日数気にしないで買えるのがとても嬉しい。放牧中はいろんな家にお世話になるし、ご馳走になったり外食も増えるから自分の好きなように食物買えない。料理もそんなにしないしね。

服を好きなだけ選べるのもいい。
ちなみに帰ってソッコーでしたことは衣替えです。

あと、自分のアトリエで作業するの本当好き。横にレオがいていろんな話ができるし、情報交換したりどうでもいい話をしたり、それもよきかな。ついこの間から短期レジデンスでレナというアーティスト(女の子)が滞在してて、彼女もすごくいい人!!素敵な仲間が加わって嬉しいです!!

放牧中は放牧中でとても面白いこともあり、新しい出会いも たくさんで刺激的なのだが、やっぱり家にゆっくりいるのもいいね。

2024-05-12

放牧終了

やっとトゥーロンに戻って来ましたー
長い放牧が終わった。よかったよかった〜
 
ナント滞在最後の方の写真。 
お花を買ったり
猫と戯れたり

 
ギャラリーMIRAと一緒に、とあるアーティストらのアトリエを訪問しました。
こちらはE2。来ていた服がまさにお花とどんぴしゃり!
Atelier POK
Ambre HervoとBenjamin Félyのお二人。彼らの作品はこの前行った一つ星レストランのLe Manoir de la Régateの食器としても使われています!
天国ー
おやつの時間!天気も良くて、みんなでゆったり
こんなアトリエとても理想的。
素敵な時間をありがとう!


2024-05-09

ベルリン・天使の詩

Wim Wendersの傑作映画、Les Ailes du désir (ベルリン・天使の詩)をご存知ですか。今回Othman Louatiがその映画をオペラに作ったものを観て来ました!
1987年の映画Les Ailes du désir (ベルリン・天使の詩)はかなり長く広く世界中で愛されている作品で、私も数回観たことあります。
昨年の今頃、来年度のオペラのプログラムの絵を描いていたとき、この作品の絵を注文されてとても困った。知っている映画のポスターが頭から離れなくて、それ以外何を描いていいかわからん。
これです

しかも作品自体がまだ完成されていなかったので(これは時々ある)、ナントオペラのスタッフも私も試行錯誤。途中「マリオネットがあるらしい」という情報を得てこの絵にたどり着きました。

オペラ、とても面白かった。
主役が黒人の女性で、おそらく女性同士の恋仲であろう話もとても良かった。招待された席が2階のバルコンで、オーケストラが見えたのも嬉しかった!時々得られる贅沢な瞬間。ここにくるだけで心満たされるー
私は絵を担当しているので、本来なら全ての作品を観れる権利があるのだが、ナントにいつもいないことが残念。。
 
まさよさんと一緒に見に行ったのだが、彼女が「あの子ども役の人日本人らしい顔をしているね」と言うのでパンフレットを見ると、本当に日本人の方だった。こんな異国の地で、素晴らしい舞台で重要な役を演じきっている日本人の方。すごくカッコよかった、元気もらいました!
 
コルテオ 太陽光発電