2022-06-24

ニースで感じること

新しい携帯のカメラの質が良すぎて、本当びっくり。思わず撮っちゃう
ゆっくり買い物したり、街をぶらぶらしたり
ジェレミーのご両親と会ったりしている。
アトリエで作業もしている。
特に何事もない日々を過ごしているけど、やっぱり好きな人と一緒にいるのはいいね。 

スーパーとかのレジで精算するとき、何かしら微笑みかけられたり話しかけられることが多い。私たちがよほど幸せそうに見えるのか、なんでなんだろ?不思議ー。
 

ニースにいてこれはナントと違うなと思うのは
運転が荒い(これは本当にすごい。でもマルセイユはもっとすごいらしい)
知らない人同士でも高確率でtuで話す(要はタメ口)
言葉遣いが荒い
肌の露出がすごい(ずっと蒸し暑い)
観光客がめっちゃ多い(観光都市だし)
色の鮮度がめちゃくちゃ高い(天気がいいから?これには本当感激する)
果物がめっちゃ美味しい
ヤシの木だらけ
 
 
 
Espace à vendre で偶然Christian Hidakaの絵を見た。
Saint-NazaireのGrand Caféで彼の作品見てから大好き。友人が彼のアシスタントを時々していて、すごく羨ましい!

この絵良い

レンヌ、ニース火事

ナントに戻って翌日、レンヌへ日帰り。
アートセンター40mcubeへ。
 
私の絵の印刷物、もう残り少ないと思うけど売ってます。
別のレジデンスが始まる。
レジデンスと言ってもテレワーク。
アートセンター40mcubeの某プロジェクトの参加、という形で仕事をいただいた。実施はこの夏なので、この日は打合せのみ。ここのスタッフの人たち、本当大好きでなんか家族みたいです。
 
 
レンヌ、美しい。

 
翌日はナントで作業。その日の夜はフランスのどこもかもで音楽祭Fête de musiqueがやっていたのだが、疲れていたのと家で作業があったので全然見に行かなかった。
昔は好きで街を散策していたんだけどな。


翌日はまたニースへ飛んだ。
ジェレミーとアトリエで作業していると、窓の外から叫び声。どうしたものかと外を覗くと、向かいの建物からなんと火があがっていた!慌てて消防に電話をかけるジェレミー。
数分の間に瞬く間に火は拡大。
消防車も駆けつけてだんだんと落ち着いた。あんなに燃え盛る火を見たのは初めてだったかもしれない。
幸い被害者はいなかったそうだけど、怖い。
ちなみにこの日携帯を変えたばっかりで(4年ぶり!)、まさか初めて撮る写真が火事の写真になろうとは。

2022-06-19

海で誕生日会

 週末はジェレミーの友人の誕生日会のため、ニースから小一時間車を走らせる。
節目の誕生日ということもあり、かなり盛大であった!家族や親戚の方もたくさん
来ており、なんかこういう場に入れて嬉しかった。
このお家は海に隣接しているのだが、海にはいつでも入りたい放題。一般の人はいないのですごく静かだし たまたまクラゲもいなかったので私たちはけっこう長く海を堪能したのだった。翌朝も出発前に一浴び。

宴は長いこと続いていたが、わたしはかなり早めに切り上げてテントで寝た。


ジェレミーの背中。ドラえもんのTシャツあげたら思いの外喜んでおった。





これ、関係ないけど
往路でお昼ご飯にみんなで食べたマクドナルド。わたしは数年ぶりに食べた。。(こんなにマクドナルドって高かったっけ?)
写真がホラーだった笑
よく見ると本当に怖い顔をしておる。


で、日曜の今日早々とナントに帰ってきた。

ジェレミーを通して南仏の生活や人や文化を発見する毎日。

 
コルテオ 太陽光発電