2018-01-20

私の名前について

この間私宛の荷物を受け取ったんですが、そこに書かれていた私の名前がすごかった…笑!

Furischiri...????

一体どこからSが出てきたんだって感じですが笑

フランス人の友人たちには
「イタリアのパスタの銘柄かなんかかと思われている」
「イタリア人だと思われている」
「っていうかマキコのお父さんはイタリア人なんでしょ」
と言われ、みんなで爆笑しました。


そういえばファーマシーの同僚に一度
「マキコの彼氏ってイタリア人なの?」
と言われたことがあります。
「は?なんで?」
「だってfuruichiって、イタリア人の名前でしょ?」
(私、爆笑!)
まずfuruichiはマイネームだし!
ボリスケの苗字じゃないし!
結婚してないし! 
突っ込みどころ満載でお腹はち切れるほど笑ったー


知り合って7年にもなる友人たちも、今でも正確に私の名前が書けない人がたくさんいます。もー別にいいけどね。笑
もう諦めてます。


ちなみに子供の頃は自分の名前があまり好きじゃなかったように記憶しています。(子供ってみんなそんなもんだよね?)
まず「古い」っていう言葉にネガティブなイメージを持っていました。日本語には古臭いという単語があるくらいですから。そのことをフランス人の友人に話したら
「どうして古い市場がネガティブになるのか」
と言われ、かなり驚きました。
実はこれ、つい最近のこと。在仏8年にもなってこれほどカルチャーショックを受けるとは思ってもみなかったのです。フランス人にとって「古い」という言葉は必ずしもネガティヴにならない。昔のものが悪いということにはならないのですね。(まぁ場合によるんでしょうが)

ということで今は自分の名前が割と好きです。
牧場の子と書いて「牧子」も、 フランス人にはとても可愛いと言われてしまうのです!なんたるやこの違い。日本だったら、名前の中に牛があるんだよ!?と言われそうですが。世界中のどの国に行ってもmakikoの発音は絶対に変わらないので、それは本当に気に入っています。マキコはマキコなのです。

2018-01-19

Abattoir

Jon Chandler ジョン・チャンドラーとのコラボレーション第二弾。出ました!

Abattoir (屠殺場)
文 : Jon Chandler
絵 : Makiko Furuichi
21x30cm, 32ページ, 2018
7 euros

来週はアングレームで行われるブックフェア spin offに参加しますが、この本を持っていけるので嬉しいです。今回はゴワゴワした和紙のような紙を選んだのですがなかなか素敵です!





2018-01-17

Formes vives

先週末、田舎にお泊まりしてきましたー

Centre d'Art de Montrelaisでやっている展示
"Ce qui nous déborde, la Loire ou la Terre ?"
をみに行きましたよー

Formes Viveというコレクティブの展示。
ナントから1時間ちょいかかってやっと到着した田舎の果て。
でも展示は本当に素敵で、また来たいとも思ってしまった。
今回はボリスケがお母さんに会いに南仏へ行っていて不在だったので、また期間中に来れたらいいけど、どうかな。
60人ほどの人で賑わってました。

Centre d'Art de Montrelais
19 bis Place de l'Abbaye, 44370 Montrelais
 
 
外。光なし!


 

夕方出発したので、ついたときは真っ暗で何も見えなかったけど、翌朝起きてみてみると、周りはこんな感じでした!
ザ・アートセンター!笑
なんやこの書体…



ロワール川が増水してて道が無くなってたり。
それにしても太陽をみたのが今年初めてくらいだったので、すごくいい気分転換になりました。
今回ボリスケが居ないミニ遠出だったけど、意外にいいなーって思った。もうかれこれ7年ほどの付き合いになりますが、いつもどこにいくにも一緒だったので、こうした単独行動をするのもたまにはいいってもんです。オープニングレセプションなんてたくさんの人がいて、しゃべりっぱなりの地獄の数時間が続くんですが、ボリスケがいなくても私ちゃんと自立出来てて安心した。っていうか彼がいても、結局ずっと喋ってるのは私なんですけどね。


これ、なんか見たことあるなーと思って写真撮ったんですが、思い出した!
 David CronenbergのDead Zoneに出てくるこれにそっくり!サイズは超ちっさいけど笑
あー楽しかった〜
 
コルテオ 太陽光発電