2019-08-13

フランスの兄

元同居人のEVORが、先日ベルリンに行っている間
彼の庭の水やりを任されていた話はしました。

1週間の滞在の予定が帰りの飛行機がキャンセルされ、
結局4日滞在を伸ばして、友人と車で帰ることにした彼。

私の水やり日も1日増え、なんとか任務を終えました。
彼が不在の間、ちょっとした嵐などもあり
かなり不安でした。強い風で木が植物がものすごく揺れるし、いくつか植木鉢が倒れていたり。全部状況報告はしていたものの、彼もすごく心配していました。



彼がナントに帰ってきて、その日の夜。
感謝のメールを受けるとともに、彼はFacebookでこんな文を投稿していたのです。

照れ臭いので全てはちゃんと訳しませんが、
彼が私をすごく評価してくれていることと、これだけ信頼できる友人を得られることは特別なこと、ということを言ってくれています。

わたしのことを日本人の妹と思ってくれていたなんて、知らなかった。嬉しすぎる😭


あと面白くて、とっても心に響いたのが
「牧子は将来日本の「人間国宝」になるか分からないけれども、
今すでに彼女は僕の人生とって「宝」である。」

という部分かな。

そんなこと言われたら、泣いちゃうじゃん…!😭😭😭



この投稿を見た複数の友人から
「EVORの文、すごく素敵だったね」
と言われて、顔が赤くなりました。




彼にとって彼の庭(作品自体でもあるし)は
何よりもかけがえのない大事なものであることは
2年間の同居でこれでもかというくらい理解している。
彼もこんな大事な任務(水やりといえど、守るべきルールはたくさんあり)を誰にでも頼めないのだ。

だから私はそんな重大な任務を任せられることを
誇りに思うし、まずそもそも庭が美し過ぎるので、水やりしている時の幸福感ったらない。






植物うんぬんもそうだけど、
私の人生、
彼に出会わなかったらかなり違ったものになっているというのは、今でも時々思うこと。時々厳しすぎるところがあるけど(笑)、ダメなものはダメとハッキリ言える彼はかっこいいし、アーティストとしての態度や姿勢もいっぱい学んだ。




私にとっても彼は宝。
ありがとうEVOR。

これからもよろしくねー

2019-08-11

「最近の日本のニュースは、何?」

サミーとセヴリーヌは、大きな大きな一軒家に4人の友人らと住んでいる。そのうちの一人に、コレットという女の子がいる。
コレットという名前は、フランスではすごい年配の人の名前というイメージがあり、珍しいなぁと思っていた。


今回初めて会って、話の流れで
「どこ出身なの、パリ?それとも地方?」と聞いたら
「ニュージーランド。最近フランス国籍ゲットして、本当嬉しい」というので、
「まじでー!!!おめでとおおおお」となったのだった。
彼女はフランスに来て10年。私とおんなじ。
彼女はイギリスの国籍も所有しており、全部で3つ。
私は日本人なので日本国籍一つ。。
なんか、平等じゃないよね。笑


彼女の両親はもう定年退職されているが、娘たち(コレットの妹もパリに住んでいる)に会いにフランスによく来るそうだ。今もちょうど来仏しており、数ヶ月滞在するそうだ。




今回私がキッチンでオニギリや天ぷらを作っている間、コレットのお父さんがお茶をしにやってきた。元々医者だった彼は何にでも興味津々で、フランスに滞在している日本人という私は、彼の興味を俄然引いた。

最初英語で話していたのだけど、彼は急にフランス語で話し始めた。(フランス語話せるんじゃん!!)
で、簡単な世間話のあと、こんな質問をされた。

「で、牧子。最近の日本のニュースは、何?」


(漠然とした質問に少し戸惑うも、私なりに答える)


私「うーーーーん、、、最近選挙があった。投票率は低いまま。そして今の政権が続けば、お金持ちがもっとお金持ちに、貧乏な人はもっと貧乏になっていく。それが今の日本の現状」

と私が答えたならば、


「今の総理大臣の悪評は聞いたことがある。今のフクシマはどうだ」





と行った具合に、およそ1時間にもわたり今の日本の政治の話や世界の情勢について話し合ったのだった。
言っとくけど、初対面の人とこういう話をするのは、かなりよくあることだ。



対照的に、日本人は政治の話は全然しないけど、それでいいのかな。


日本のバラエティーばっかり見てると政治の話なんてしなくなる。考えなくなる。自分と関係のない話だと思うようになる。(マスメディアの罪は相当重いよ。全部が全部じゃないと思うけど、私はテレビニュース番組が憎いわ。だって選挙期間中に選挙の話しないんだもの)

そのおかげで日本の政府は何でもし放題。彼らの思う壺だ。





少しずつ、少しずつ、日本でそれを変えようという動きが出ている。それに私は期待したい。





ちなみにコレットのお父さんは、私の作品についても興味津々。作品の話もできてすんごく面白い出会いだった。


Palais de Tokyo

パリついて初日にパレドトーキョーに行った。ことを載せるのを忘れてました。





もうね、なんかね、すべてがぶっ飛んでました。。。
Prince·sse·s des villes
めっちゃ面白くて、やっぱこれはナントでは見れないよなぁーって思った。こういう体験をするたびに、やっぱ地方にずっと籠っててはいけない、と思う。住んでてもいいけど、たまに出てこないと。

展示を見ている間、私興奮しっぱなし。

そのあと場所をLes Hallesに移して、ポン・ジュノ監督の映画 PARASITEを見たんです。映画見るときは絶対téleramaの雑誌で評価をチェックする私ですが、珍しく高評価だったので安心して見に行った。
2時間あっという間で私はすごく気に入った映画でしたが、周りと話すと賛否両論。


夏はパリのいろんなところが閉まってて静かな感じですが、それがまたいいなと思う。




 
コルテオ 太陽光発電