2018-09-19

Andy 再来

Lieu Uniqueで開催されていたMangasiaマンガジアの展示の設営スタッフとして、数ヶ月前ナントに滞在していた友人のアンディ。
今度は搬出のため再びナントに。
 これわかりにくいですがめっちゃ巨大です。


また一緒に遊んでいる。。
今回は彼らが仕事を終了する午後5時にlieu uniqueへ車で迎えに行って、それから急いでわたしの展示を見に行った。展示は6時に閉まっちゃうから、頑張って(人並みの)スピード出したよーそして間に合った…

たまたま館長が仕事終わりで横を通ったので彼らを紹介したら、すごく嬉しそうで英語の会話が30分続いた…アンディたちはフリーランスの技術者で、世界各国いろんなギャラリーや美術館に引っ張りダコなので、初対面とか国や言葉が違うとかあんまり関係なく、すぐいろんな会話に花を咲かせることができる。それがすごいなーって思う。


アンディたちは、こういった「館長」とかいわゆる「偉い役職の人」たちがこんなにフランクに話かけてくることに、とても驚いているそうだよ。リュ・ユニークでも館長が「一杯飲みに行こうよ」と誘ってくれたりして、とても暖かい対応を感じるそうだ。
イギリスはこんな感じじゃないらしい。今回2人のイタリア人スタッフがアンディと一緒にわたしの展示を見に来てくれたんだけど、彼らも「イタリアもこんなにフランクじゃない!全然ちがう!!」と言ってて、ヨーロッパといえどまったく違うのだなぁと改めて感じました。



2018-09-17

制作

新しいアトリエは、日差しが入ってとてもいい雰囲気です。

絵を描くときはなるべく短パンにTシャツ、そして裸足。
見た目は完全にoffモード(笑)

2018-09-16

打ち合わせ

友人アーティスト(Laurence)の家にお邪魔した。
えっっなにこれ!
めっちゃかわいい!!!!

この左のウサギの帽子、えーーーー!!!!
見方を変えれば、ふんどしじゃん! (とは言わなかったけど笑)
来年彼女が企画するプロジェクトに参加するかも。
(ニット帽は全く関係ありません)
ナントで起こることには、なるべくナントの外の風を吹かせたいものだけど、できるかな。



別の日には
ひょんなことから、とある雑誌の事務所を訪れたよ。
いわゆる大人の世界でいう打ち合わせというものです!
ドキドキ(´Д`)
こんなことはしょっちゅうないから精一杯頑張らなければね。


 
コルテオ 太陽光発電